利尻カラーシャンプー全4色で染めた毛束画像で色選び|染まらない口コミ評判は嘘

利尻カラーシャンプー 利尻ヘアカラートリートメント 全4色

利尻カラーシャンプー全4色を購入して、100%人毛の白髪毛束に染めて画像比較してみました!

各3回染め・7回染めで染まりやすさ・色味が分かるようになっているので、色選びの参考にしてもらえれば幸いです。

ちなみに白髪染めシャンプーの口コミ評判をネット検索すると「染まらない・染まった画像は嘘だ」なんてよく言われていますが…

利尻カラーシャンプーは本当に綺麗な色に染まるんですよね。

白髪染めシャンプーのほとんどが「思ったより染まらない、すぐ色が抜ける」といった粗悪商品です。

でも利尻カラーシャンプーは使う価値のある優良商品なので、ネットの口コミを全て鵜呑みにしないで欲しいなと思います。

簡単に使えてよく染まる、そして髪や頭皮を痛ませないうえに潤いを与えてくれるのが利尻カラーシャンプーですよ。

利尻カラーシャンプー

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら

利尻カラーシャンプー全4色で染めた毛束画像で色選び

100%白髪の人毛毛束

上の画像は100%人毛の白髪毛束です。

私たちの白髪と同じなので、この毛束に利尻カラーシャンプーで洗って「実際にどんな色に染まるのか・どれぐらい染まるのか」をチェックしていきます。

ちなみに毛束は美容室のカラーチャットにも使われている専用品なので信頼性〇です。

ブラック

利尻カラーシャンプー 全色 7回染め

左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンと並んでいます。

各カラー7回ずつ染めた毛束で、「濡れた状態の毛束にシャンプーを付ける→泡立てる→流す」を繰り返したものです。

日を空けずに染めたので色落ち→染める→色落ちとはなっておらず、私たちの頭髪に使用するときも染まりやすいですね。

実際に自分の頭に使用した体感では「×2倍」の数を染めると同じような色味になりました。

 

一番左のブラックはかなり黒々しい色に染まっていて、とても白髪だったとは思えない色です。

地毛の黒髪が濃い色の方と同じぐらいの暗さがあるので、若白髪対策として学生さんやOLさんなど、幅広い方にとって使いやすい色になっています。

染めはじめの最初は青みの入りが弱くて青+黄で若干緑っぽく見えることがありますが、1週間も続けて洗っていれば緑に感じることはありません。

最初の数日だけ色味に関しては我慢するか、しっかり黒っぽく見えるまで洗う→流す→洗うと連続してシャンプーするといいですね。

 

ブラックの注意点は、一番色素が濃くて泡に色がついているので「シャンプー後はお風呂の泡をよく流すこと」です。

壁に飛んだ泡を放置してしまうと次の日洗剤のついたスポンジでこするはめになるので、シャワーでちゃんと流しておくと吉ですね。

毎日利尻カラーシャンプーのブラックで洗うだけで黒染めできるので、白髪をとりあえず隠したい方はすごく便利ですよー。

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら

ダークブラウン

利尻カラーシャンプー 全色 7回染め

左から2番目はダークブラウンで7回洗ったものです。

他のブラウンと比べるとひと際濃い仕上がりの焦げ茶色に染まっています。

白髪染めシャンプーで白髪状態から洗うだけでここまで暗く色が入れば十分すぎると思います(笑)

色の特徴としては、光にかざすとブラウンっぽさは残るものの、平置きにすると茶色と赤色が強くて黄色っぽさは全然ありません。

黒髪と染めた白髪部分の明るさの違いがそこまで生まれないので、地毛の黒髪とよく馴染む使い勝手のいい色に染まりますよ。

「私の髪は染まりにくい髪質だから心配」「なるべく色落ちに強い濃いめに染まる色がいい」という場合はダークブラウンは一番おすすめできる色です。

販売会社に聞いたわけではありませんが、個人的には一番売上が多い人気色なのではないかと思っています。

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら

利尻カラーシャンプー 利尻ヘアカラートリートメント 全4色
【画像】利尻カラーシャンプーのダークブラウンで3回・7回染めた毛束公開中利尻カラーシャンプーのダークブラウンで3回・7回染めた毛束画像を公開しています。 ただ洗うだけで毎日染まっていく利尻カラーシャンプ...

ナチュラルブラウン

利尻カラーシャンプー 全色 7回染め

左から3番目がナチュラルブラウンです。こちらも7回洗ってみました。

ナチュラルブラウンは利尻カラーシャンプーの中で一番黄みが強い色に染まって、赤みが少ない自然な茶色になります。

染めはじめの数日は白髪に入りにくいのが難点ですが、継続して洗っていけば綺麗な明るい茶髪になるカラーですね。

個人的には、髪が太いより細い方に向いているかなぁと思います。

髪が太いと色が入りにくい&抜けやすいので、赤みが入ったダークブラウンやライトブラウンのほうが合っている感じですね。

また、ナチュラルブラウンは染めた白髪部分がかなり明るい色に染まるので、白髪の量が少なすぎるとバランスが悪くなってしまいます。

黒髪はそのまま残って染めた部分だけ色が変わるので、白髪が少ないと「黒髪がほとんどでたまに明るい茶色がぽつぽつある」ということになるからです。

白髪の量が多ければ髪全体の印象もガラリと変えられるので、ご自身の頭髪をチェックしてみてナチュラルブラウンで染めたときのことをイメージして選んでみてください。

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら

利尻カラーシャンプー 利尻ヘアカラートリートメント 全4色
利尻カラーシャンプーのナチュラルブラウンの白髪染め効果・色味をチェック|口コミ評判レビュー利尻カラーシャンプーのナチュラルブラウンを人毛毛束に染めてレビューしました! 3回染め・7回染めと染まり具合を比較して、ナチュラル...

ライトブラウン

利尻カラーシャンプー 全色 7回染め

最後のライトブラウンは一番右端の毛束です。こちらも7回染めました。

ナチュラルブラウンが黄みの明るい茶色なら、ライトブラウンは赤みの明るい茶色に染まります。

何十回も洗うまでは「オレンジっぽい茶色」になるので、結構元気で活発な印象を与える色ですね。

ダークブラウンよりも茶色が少ないので暗くはならず、ナチュラルブラウンの色違いと考えていると分かりやすいと思います。

また、ライトブラウンは赤みが多いので髪が太くて硬いような、染まりにくい髪質の方が明るい茶色にするときに便利な色です。

髪が太い方はメラニン色素の赤色が強いので、ライトブラウンの色と黒髪も馴染みやすいし、色落ちもしにくくなるのでおすすめですよ。

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら

利尻カラーシャンプー 利尻ヘアカラートリートメント 全4色
【毛束画像】利尻カラーシャンプーのライトブラウンで7回染めてみた口コミ体験談利尻カラーシャンプーのライトブラウンで計7回染めた毛束画像を公開しています。 3回染め・7回染めと2つの画像で比較しているので、何...

白髪の量と染めあがりの見え方による色選び

利尻カラーシャンプー 全色 3回染め 利尻カラーシャンプー 全色 7回染め

利尻カラーシャンプーの色選びは、

  • 白髪を隠したいけど茶色じゃなくていい → ブラック
  • 白髪の量が少ない(あっても一部分) → ダークブラウン
  • 白髪の量が少ない(全体にまばら) → ダークブラウン or ナチュラルブラウン or ライトブラウン
  • 白髪の量が多い(暗めにしたい) → ダークブラウン
  • 白髪の量が多い(明るめにしたい) → ナチュラルブラウン or ライトブラウン

こんな感じで選ぶと失敗せず髪全体が綺麗にまとまります。

 

利尻カラーシャンプーは黒髪を明るく脱色せずに、白髪の部分だけに色を入れる白髪染めです。

白髪の量がかなり少ないのにナチュラルブラウン等の明るい茶色に染めてしまうと、黒髪の中にぽつぽつと明るい毛が混じることになります。

地毛の黒髪の色が薄くて茶色っぽい方なら全然問題ないのですが、地毛が黒々している場合は染めた白髪部分と明度さができてしまい、染めたところが目立ってしまうんですよね。

また、白髪が特定の部分にだけ固まって生えている場合も暗めで染めたほうが色の馴染みがよくなります。

 

逆に白髪の量が多くてまばらに生えている場合は、明るい色のナチュラルブラウンやライトブラウンで染めても問題なしです。

黒髪と染めた茶色の髪がいいバランスで出来るので、髪全体の色が明るくなって髪色を変えられます。

 

どの色にすれば一番髪が綺麗に見えるのか迷っている方は、ぜひ上の色選び方法を参考にしてみてください。

実際に選んだ色で白髪を染めたら、「第三者から見たときの髪全体の雰囲気はどうなるか?」をイメージすると分かりやすいですよ。

利尻カラーシャンプー

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら

利尻カラーシャンプー最安値は1000円割引になる公式サイト

利尻カラーシャンプー 素材
  • 1本:3,000円 → 2,000円+送料640円=1本2,640円
  • 2本:6,000円 → 4,000円(送料無料)=1本2,000円
  • 3本:9,000円 → 6,000円(送料無料)=1本2,000円

※税抜き計算 ※2本以上まとめ買いで送料無料

利尻カラーシャンプー公式サイトでは「初回購入時1本あたり1000円割引」になって一番安い金額で購入できます。

1本単品だと送料がかかるのでAmazon楽天より少し安いぐらいですが、2本からは送料無料なので単価2000円とかなり安くなりますよ。

Amazon楽天などでは1本3000円の定価になるので、初めて購入する場合は公式サイトが断然お得です。

髪が短い方で1本~2か月持ちます。肩より長いと1本1か月ぐらいですね。

3本購入はかなり量が多くなって髪が短いと使い切りにくいので、2本セットが一番おすすめです。

利尻カラーシャンプー

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら

利尻カラーシャンプーと利尻ヘアカラートリートメントを徹底比較

利尻カラーシャンプー 利尻ヘアカラートリートメント 全4色 利尻カラーシャンプー 全色 7回染め 利尻ヘアカラートリートメント 全色 30分1回染め

※左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウン

  • 上の画像:利尻カラーシャンプーで7回洗った毛束
  • 下の画像:利尻ヘアカラートリートメントで30分置いて1回染めた毛束

シャンプータイプとトリートメントタイプ計8本を1個ずつ毛束に染めて、染まりやすさ・色味などを徹底比較してみました。

基本的な成分や白髪を染める染料は同じですが、1回の白髪染め効果と色の入り方がかなり違いますよ。

 

【染まりやすさ】

白髪染め1回の染まりやすさでいえば圧倒的にトリートメントタイプのほうが染まります。

利尻カラーシャンプーはただ洗うだけがコンセプトなので、置き時間を作らないですぐ流してしまうため1回では微々たるものしか染まりません。

トリートメントタイプが2週間に1回しっかり染める商品で、シャンプータイプは毎日少しずつ染める商品だと考えておきましょう。

 

【色味】

シャンプータイプは青み・茶みが少なくて暗くなりにくく、鮮やかな発色が出ます。

トリートメントタイプはなるべく少ない回数で染まるように暗めに作られていて、色味はシャンプーと似ているものの全体的に沈んで落ち着いた発色になります。

明るい感じが好きならシャンプータイプ、暗めの黒髪と馴染む色が好きならトリートメントタイプが使いやすいというところでしょうか。

 

【手軽さ・簡単さ】

簡単に使えるという点ではシャンプータイプのほうが圧倒的に楽です。

トリートメントタイプは放置時間を作らないといけないので白髪染めしてる感がありますし、塗りムラができないようにクシで馴染ませたり塗布量に気を付ける必要があります。

そこまで難しくはないので慣れれば大丈夫ですが、シャンプータイプなら「ただ毎日のシャンプーで洗うだけ」ですからね。

シャンプータイプなら何も考えずに毎日使っているシャンプー剤を替えるだけでOKなので、手軽さをとるなら利尻カラーシャンプー一択じゃないでしょうか。

【結論】

  • 手軽で簡単を求めるなら利尻カラーシャンプー
  • 明るくて鮮やかな髪色にしたいなら利尻カラーシャンプー
  • 短時間での白髪染め効果を求めるなら利尻ヘアカラートリートメント
  • 暗めで落ち着いた雰囲気にしたいなら利尻ヘアカラートリートメント

シャンプータイプとトリートメントタイプは使い方や染まりやすさ・色味が違うので、ご自身にあった使いやすいほうを選ぶといいですね。

余談ですが、髪が短いほどシャンプータイプ、長いほどトリートメントタイプが向いていると感じています。

髪が長い方は日常生活の紫外線・シャンプー・ドライヤーなどで髪が痛んでしまうことが多いため、カラーリングと同時に補修ケアができる利尻ヘアカラートリートメントが向いています。

髪の短い方であれば痛んだ毛先から都度ヘアカットで切ってしまうので、そこまで髪が痛んだ状態にはなりにくいからです。

どちらも自宅で簡単にセルフカラーできる便利グッズなので、白髪染めが億劫で面倒くさい方はぜひ試してみてください(*’ω’*)

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら

↓少ない回数でしっかり濃く染めるならトリートメントタイプ↓

利尻ヘアカラートリートメントの購入はこちら

利尻カラーシャンプーのよくある質問Q&A

利尻カラーシャンプー 8年連続売上NO1

何日連続で洗えば白髪が隠れる?

染まりやすい人で7~10日ほど、染まりにくい人なら14~20日ぐらいでしょうか。

ブラックとダークブラウンを使用するならもう少し早く白髪が隠れて、ナチュラルブラウンとライトブラウンなら上記日数ぐらいです。

色が何も入っていない使い始めは「全然染まらなくない…?」と3日ぐらい思うかもしれませんが、続けて使用していけば「あれ?そういえば白髪なくなってるな」と気付きますよ。

お風呂の浴槽や壁は汚れない?

飛び散った泡を何日も放置したら染まってしまいますが、カラーシャンプー後すぐにシャワーで洗い流せば全然問題なしです。

また、染まってしまっても通常のお風呂の素材なら、洗剤をつけたスポンジでこすれば簡単に色はとれますよ。

大理石など特殊な素材じゃなければ心配する必要はないと思います。

独特の匂いはある?

少しだけあります。通常のヘアカラー剤のツーンとした匂いを極限まで薄めたような香りがします。

成分的には普通の白髪染めとは全く別物が入っていますが、なんとなくあんな匂いがする気がしますね。

でもほとんど無臭に近いので気分が悪くなったりしたことはありません。いい香りでも悪い香りでもなくほとんど無香料の少しカラー剤臭、という感じでしょうか。

頭皮に刺激はある?髪は痛まない?

私は肌が弱くて金属などがこすれるとすぐ赤くなってしまいますが、頭皮に刺激を感じたことは1度もありません。

また、低洗浄力のアミノ酸シャンプーなので髪の必要な油分は残しつつ洗えるので、髪が乾燥したり痛むこともありませんよ。

ただ妊娠中や出産直後の女性は肌がきわめて敏感になるケースがあるので、そういった方が使用すると少し刺激を感じるかもしれません。

染まったら普通のシャンプーに変えるのはアリ?

個人的にはナシだと思っています。

すごく染まりやすい髪質で色落ちしにくい方ならアリだとは思いますが、普通毛~染まりにくい髪質の方はずっと同じ利尻シャンプーで洗うほうがいいと思います。

シャンプーに含まれる洗浄成分やドライヤーによる熱、紫外線などの影響で髪の染料は少しずつ落ちるものです。

利尻カラーシャンプーは毎日少しずつ髪を染めるものなので、通常のシャンプーにかえるとかなり色落ちを感じるようになるし、綺麗な髪色を維持できません。

1回綺麗に染まったら次使用するまでは普通のシャンプーで・・・というのは節約?を考えてのことだと思いますが、それなら初めから利尻ヘアカラートリートメントを使用したほうが良い気がします。

他の白髪染めシャンプーと違ってなんでよく染まるの?

市販されている白髪染めシャンプーは白髪を染めるための染料に「植物染料」がメインで配合されています。

特に黒染めシャンプーでは植物染料だけで構成されているものも多く、化学染料が入っていないので「染まりにくい・色落ちが極端に早い」という商品が多々あります。

反対に、利尻カラーシャンプーが染まりやすく色持ちがいいのは、植物染料だけじゃなくて「塩基性染料・HC染料」という2種類の化学染料が入っているからです。

 

一見化学染料と聞くとすごくカラダに悪そうなイメージを持ちますが…

たとえばHC染料は国が2001年に行った化粧品規制緩和によってヘアカラー剤に入れれるようになった安全な染料です。

従来のヘアカラー剤に入っている酸化染料は刺激が強く皮膚に悪影響を及ぼしますが、HC染料や塩基性染料は低刺激で安全性が高いと国の検査で分かっています。

安全=植物染料というイメージで売っている白髪染めシャンプーが多い中で、なるべく安全にしっかり白髪隠しできる商品をと作られたのが利尻カラーシャンプーです。

利尻カラーシャンプーはどの色を選んでもよく染まる白髪染めシャンプー

利尻カラーシャンプー 利尻ヘアカラートリートメント 全4色

利尻カラーシャンプーの色選びに関する画像や情報、そして利尻ヘアカラートリートメントとの比較考察をまとめてきました。

最後になりますが、利尻カラーシャンプーは4色どの色を選んでもよく染まる優れものです。

白髪染めシャンプーとしては「植物染料・HC染料・塩基性染料」の3つの染料を混ぜ合わせた珍しい商品なので、その分だけ白髪染め効果が高くなっています。

色鮮やかなナチュラルブラウン・ライトブラウンで綺麗な髪色を手に入れるもよし。

ブラックやダークブラウンで落ち着いた髪色に仕上げるもよし。

あなたの好きな雰囲気が作れるカラーを選んで、自宅で簡単にセルフカラーしてみましょう。

↓最安値は初回1本あたり1000円引きになる公式サイト↓

利尻カラーシャンプーの購入はこちら